どうして夜遅くに食べると太っちゃうの?|健康管理士とマンツーマンで3ヶ月で5~10kg減を目指す耳つぼダイエット専門サロン。三芳町と成増駅前に店舗があり、 富士見市・ふじみ野市・所沢市・川越市・新座市・和光市・朝霞市・板橋区・練馬区から通われる方が多いです。

  • サロンブルーム三芳町店 049-259-7814049-259-7814
  • ブルーム インブラッド成増駅前店 03-5968-500503-5968-5005

スタッフブログ

どうして夜遅くに食べると太っちゃうの?

2016.07.06

耳つぼダイエットサロンブルーム成増店の川嵜です。

夜遅くに食べるとどうして太るのでしょう?

それには、4つの理由があります。

①夜は副交感神経が優位になる。

自律神経には代謝や活動を活発にする交感神経と、

リラックスさせる副交感神経があります。

夜は、体を休めるために副交感神経が活発になるため、代謝が落ちます。

②夜は食事誘導性熱産生が低下する。

食事誘導性熱産生とは、食事によるエネルギー消化のことです。

つまり、食べるときにエネルギーを使っているということですね。

食事誘導性熱産生は、1日のエネルギー消費の10パーセントを占めているので、

食事をすることも重要なカロリー消費につながるのです。

食事誘導性熱産生は、朝upして、夜には低下します。

③夜は副腎皮質ホルモンが低下する。

副腎皮質ホルモンとは、脂肪、たんぱく質、糖質の代謝にかかわるホルモンで、

血糖値をあげエネルギー消費を促します。このホルモンも朝upして、夜低下するので、

食事がエネルギー消費されにくく、脂肪としてため込んでしまうのです。

④BMAL1が増加する。

BMAL1は脂肪を蓄える作用があり、

午後10時から午前4時くらいまでが増加する時間になります。

夜食べると太る理由がわかりますよね。

できるだけ、夕食は午後10時前には済ませましょう。

仕事が忙しくて、夕食時間が遅くなる方は、職場でおにぎりなどの主食をとり、

帰宅後は野菜スープなど早く消化できるものを食べましょうね。

体脂肪率が30パーセントを超えてしまったあなた!

ウエストまわりや二の腕が気になって、チュニックしか着ていないあなた!

健康診断の結果が怖いあなた!

体重計に怖くてのれないあなた!

かつて私もそうでした。

耳つぼの刺激で食欲を抑え、3食きっちり食べて

健康管理士の私たちと一緒に人生最後のダイエットにトライしませんか?

ダイエット応援副隊長川嵜園子でした~。

ご予約 お問い合わせ

  • 三芳町店 049-259-7814049-259-7814
  • 成増駅前店 03-5968-500503-5968-5005

24時間いつでもOK

  • Webからのご予約はこちら
  • LINE@はこちら
ページの先頭へ